「パイプロイド・初音ミク」に込めた想い

株式会社コト パイプロイドチーム

 

最先端デジタル文化(初音ミク)と超アナログ文化(パイプロイド)の異種コラボレーション。
この全く両極端に位置する二者は、ある一つのキーワードでつながっている。
 
それは「創造」。
 
初音ミクは、従来のバーチャル・アイドルとは一線を画した存在である。
これまでのバーチャル・アイドルのように、
企業が個人(視聴者)に対して一方通行的に発信するツールではなく、
個人が創造した楽曲を「初音ミク」を通して世界へ発信している、のである。
 
しかも、個人が創作した楽曲に別個人がアレンジを加え、また別個人が振付を加えるといった、
創作が新たな創作を呼ぶ「n次創作」の連鎖。
まさに初音ミクは、人々がこれまで胸の内に秘めていたクリエイティビティを
解放(表現)するための一つの手段であり、一つのインフラだと思う。
 
有名・無名に関わらず、純粋に音楽で世界と勝負できる、
オープンでかつエキサイティングなフィールドが創出され、
まさに今、革命的な現象が世界中を舞台にして起きているのである。
 
うってかわって、パイプロイドはどうだろう。
江戸時代から親しまれる紙工作。
その日本文化の上に生まれた新しい紙工作がパイプロイドである。
「紙パイプ素材を組み立てる」というこれまでにないアプローチで、人々に創造する楽しさを伝えたい。
パイプロイドもまた、人々が胸の内に秘めているクリエイティビティを解放するための一つの手段として、
この世に生みだされた。
 
創造が生み出す可能性、そしてワクワクを世界へ。
この2つのコラボレーションが、世の中をもっと面白くエキサイティングにする!
それが「パイプロイド・初音ミク」に込めた想い。
 
この企画を快諾して頂いたライセンス元のクリプトン・フューチャー・メディア株式会社様
には本当に心から感謝である。

この初音ミクシリーズが皆様のお手元に渡り、
皆様を笑顔にできることを願ってやまない。
 
 

 
©Koto co.,ltd. / ©Crypton Future Media,INC.